家を建て始める準備が整うと
いよいよ家にかかわる作業がはじまります

家を支えるとーっても大事な部分の基礎
どーやって作られていくのか見ていきましょう


まずは基礎のコンクリートをやる前に
防蟻・防湿シートを土の上に敷き詰めます!
IMG_69841

IMG_69851

≪防蟻・防湿シートの効果≫
シロアリが土の中から侵入しようとしても
この特殊なシートから嫌いな成分が分泌されているので、シロアリは近づけません!
もし仮に、シートにたどりつけたとしても、破る前に死んでしまいます。
もちろん、影響があるのはシロアリだけで、人間や環境には安全な成分です!

そして、シロアリは暗くて温暖で湿潤なところを好みます。
なので床下はシロアリにとって天国の場所といえます。
このシートは、高い防湿性を併せ持っているので、シロアリが好む環境を排除するのです!

そして、この上にコンクリートを打ちます




コンクリートを打ったら、鉄筋で骨組みを作ります!

IMG_7034

IMG_7035

この鉄筋で組む骨組みは、建物の耐震等級によって変わってきます!
簡単に言えばADMのお家は耐震等級3の家なので
一般の住宅より、鉄筋の位置を細かーく計算して配置されています

大事なお家を支える基礎なので
しっかりとした強度が必要です



ここまできたら、枠を作ってコンクリートを流し込みます!


IMG_7039

IMG_7040

基礎断熱工法なので、この水色のものは、断熱材です

基礎断熱工法については
こだわりの施工方法でCHECKしてください



このように、基礎工事といっても
コンクリートで形を作っていけばいいというわけではなく

防蟻処理や配筋など
必要な作業を1つ1つ丁寧におこない
大切なお家の家が作られていくんですね